全てが粗大ゴミじゃない!業者へ依頼する前に検討するべき事とは?

粗大ゴミの処分お任せ下さい!!

意外と難しくない大阪市の粗大ゴミの出し方

不良品

家に粗大ゴミがあるんだけど、面倒くさくて放置したまま数ヶ月がたっている、なんてことはありませんか。実際には、粗大ゴミを出すのはそれほど難しくはありません。少しの手間とお金がかかりますが、スッキリとした部屋が手に入ると思えば安いものです。そこで、今回は、大阪市を例にとって粗大ゴミの出し方をご紹介したいと思います。
まずは、自分が出そうとしているのが「粗大ゴミ」にあたるのかを確認しましょう。大阪市では、粗大ゴミは、一番長い辺や径が30センチを超えるもの、棒状のものであれば1メートルのものと定義されています。
次に、粗大ゴミ収集センターへ電話し予約します。電話番号は、大阪市のホームページからも確認できますし、「大阪」「粗大ゴミ」で検索するとすぐに出てきます。
その後、「粗大ゴミ処理手数料券」を購入しなければなりません。これが面倒くさく感じられるかもしれませんが、取り扱っているのは、コンビニやスーパー、郵便局など身近なお店です。値段は種類によって200円から1000円と変わってきますので、事前にホームページで確認が必要です。
あとは、指定された日に粗大ゴミに「粗大ゴミ処理手数料券」をぺたっと貼って、家の前に出しておけば完了です。サイズが大きい分、粗大ゴミを出すと気分がスッキリするはずです。ぜひこれを期に家に眠っている粗大ゴミを処分してはどうでしょうか。

不要品の全てが粗大ゴミにはなりません

引越や年末の大掃除、家庭の不要品処理より毎年多くの粗大ゴミが発生しています。
しかし、これらの粗大ゴミは本当にゴミと扱えるものと考えてはいけないと思います。そもそも、『混ぜればゴミ、分別すれば資源』といった考えがあります。多くの製造メーカーにとってこの考えは非常に浸透しています。
ですが、各家庭においてこの考えはは浸透していないと思います。小型家電であれば、不燃物として処分できますし、大型のゴミは粗大ゴミとなりますが、これらのゴミも分別すれば資源になります。みすみす、回収業者の利益や自分で処分場に持ち込み有価物となるものをお金を支払って処分するのは勿体ないと思います。
粗大ゴミの多くは、可燃性の木材や金属製の製品です。小型家電であれば、市町村で定期的に雨量回収してくれます。金属製品であれば、専門の回収業者が有価物として買い取ってくれます。可燃物は有価物にならないように思えますが、燃料になるため有価物で回収してもらうことも可能です。また、一番厄介な樹脂製品(ポリエチレン、ビニル、ゴムなど)についても有価物として回収業者が引き取ってくれます。チョットした分別で粗大ゴミ処分業者へ高額な処分費用を払わずに、お金を回収して粗大ゴミが回収できます。興味のある方は一度、近隣の業者を調べるべきと考えます。

粗大ゴミ回収を業者へ依頼する場合は

引越シーズンで多くなるのが、粗大ゴミの処分です。特に大学生の場合は、4年間も同じアパートで生活していた場合、途轍もない粗大ゴミが発生することがあります。
粗大ゴミの多くは、可燃物と思われがちですが、実際のところは不燃物が多いと思います。更に不燃物の中でも金属製品が非常に多いです。4年間も使用すれば錆も発生したり、新たな生活地へ持ち込む費用も掛かります。
そこで、粗大ゴミを処分する際に依頼してはいけないのが便利屋さんです。近年では、様々な便利屋が『引越をお手伝いします』や『不要品の処分を代行します』と謳っています。しかし、不要品の処分は便利屋さんにとって、依頼費用の他に副収入を与えてしまいます。金属製品において、ステンレスや銅製品などの売却単価は高額です。依頼主から処分費用を受け取り、処分する際に売却利益を得る業者は少なくはありません。
そこで、金属製品などの粗大ゴミを回収依頼する際は、金属製品の買い取りをしてくれる業者を選ぶことをオススメします。ステンレスや銅製品は高額ですし、鉄製品であってもkg単価が十数円かち処分重要が60kg以上になれば、昼食代にはなります。もし、処分業者に依頼した場合は数千円から1万円前後も請求されるため、金属製品を回収してくれる業者のメリットは絶大です。
粗大ゴミでお困りの方は、一度買い取り専門業者へ依頼を検討されるべきです。

オススメ

  • 可燃性の粗大ゴミも有価物で処分可能

    毎年3月は、これまでの生活の終わりと新生活の始まりの時期です。特に大学生などにとって、4年間を生活した部屋からは大量の粗大ゴミが発生します。少しで…

    »詳しく見る

  • 中古住宅購入時の粗大ゴミ

    今から3年ほど前、現在の我が家を中古住宅として購入しました。当時は空き家の状態でしたが、その数年前までは老夫婦が暮らしていたらしく、古い家財道具がたくさん…

    »詳しく見る

  • 粗大ゴミの処分までの流れと業者の対応

    引っ越しをするにあたり、ベッド、ソファー、冷蔵庫、洗濯機を新しく購入したため、今まで使用していたものを処分する事になりました。リサイクル法が施行さ…

    »詳しく見る

  • 粗大ゴミを一気に安く処分するコツ

    粗大ゴミというと、ベッドやソファー、洋服ダンスのようにかなり大きいものをイメージすると思いますが、私が住んでいる大阪市の場合は、ちょっとした日用品でも粗大…

    »詳しく見る