全てが粗大ゴミじゃない!業者へ依頼する前に検討するべき事とは?

粗大ゴミの処分お任せ下さい!!

可燃性の粗大ゴミも有価物で処分可能

毎年3月は、これまでの生活の終わりと新生活の始まりの時期です。特に大学生などにとって、4年間を生活した部屋からは大量の粗大ゴミが発生します。
少しでも価値のありそうなものはリサイクルショップへ販売出来ますが、4年間も使用した家具などは、くたびれリサイクルすら不可能な場合があります。金属製品であれば、錆が発生していても専門業者へ依頼すればkg単価数十円で回収してもらうことが可能です。
しかし、木製家具などは粗大ゴミになると諦めている方も多いと思います。しかし、この木製家具ですら条件が良ければ有価物として回収してもらうことが可能ですし、最悪でも無料で回収してもらうことが可能です。わざわざ、高額あ。な処分費用を払う必要は、実際にはありません。
木製家具の場合、専門の粗大ゴミ回収業者へ回収を依頼することで、kg単価数円で引き取ってもらうことが可能です。木製家具の多くは、集成材を利用しているため破砕する事で燃料として使用することが出来ます。これらの木製品から作られた燃料は、農家へ販売されたりします。
もし、代行処分だけ専門の業者へ依頼した場合は高額な処分費用になりますし、自分で処分しても60kgあたり数百円と費用が掛かります。しかし、専門業者へ依頼することで粗大ゴミが有価物となり、買い取り金額が発生します。
採算性を考慮すれば、粗大ゴミの処分は慎重に行う必要があります。

コンテンツ一覧

ピックアップコンテンツ

  • 可燃性の粗大ゴミも有価物で処分可能

    毎年3月は、これまでの生活の終わりと新生活の始まりの時期です。特に大学生などにとって、4年間を…

    »詳しく見る

  • 中古住宅購入時の粗大ゴミ

    今から3年ほど前、現在の我が家を中古住宅として購入しました。当時は空き家の状態でしたが、その数…

    »詳しく見る

  • 粗大ゴミの処分までの流れと業者の対応

    引っ越しをするにあたり、ベッド、ソファー、冷蔵庫、洗濯機を新しく購入したため、今まで使用してい…

    »詳しく見る

  • 粗大ゴミを一気に安く処分するコツ

    粗大ゴミというと、ベッドやソファー、洋服ダンスのようにかなり大きいものをイメージすると思います…

    »詳しく見る